高校生・大学生に届け!Entrepreneurs Meetup! 2022

共に生きる人々の幸せと喜びを追求

「高校生・大学生に届け!Entrepreneurs Meetup! 2022 #5」

ゲスト:前田忠嗣さん

前田先生は、北海道出身で大学卒業後、大手学習塾に勤務し仙台に移住。24歳で東北運営本部の責任者に就任しました。その後、25歳で株式会社ゼンシンを創業し代表取締役社長に就任し現在に至ります。創業から27年目になる敏腕社長です。ゼンシンの使命は、共に生きる人々の幸せと喜びを追求することです。障がい者も健常者も分け隔てなく暮らすことができて、それぞれがそれぞれの価値観に沿って、幸せと喜びを得られることを目指します。ゼンシンは、提供する障がい者支援サービスとサッカーの指導を通じてすべての人々が夢と希望の持てる社会を作っています。前田先生はなぜこのような道を選んだのでしょう?起業家として、社会の一員としてなぜ今このような事業を運営しているのか。是非深堀して聞いてみましょう。

こんな人におすすめ

  • 起業したいかどうかはよくわからないが、課題解決やリーダーシップに関心がある方
  • 特に夢ややりたいことは決まっていないが、将来に対する漠然とした不安を抱えている方
  • 「学び方」「考え方」「在り方」を学びたい方
  • 探究学習を深めたい方

※主な対象:高校生/大学生
(中高生に限らず、大学生、社会人、場合によっては小学生の方もご参加いただけます。)


「2011年に小学校に入学した子どもの65%は、大学卒業時に今は存在していない職業に就くだろう」
(ニューヨーク市立大学大学院センター教授 キャシー・デビッドソン)
こんな予測が2010年代に世界に衝撃を与えました。
しかし、その予言は新型コロナウイルスの流行で思わぬスピードで現実になろうとしています。世界中がリモートでの仕事を余儀なくされ、目の前で、今までなかった仕事の形が次々と生まれてきています。

そんな正解のない時代で、高校生である皆さんは
どんなふうに自分の軸を見つけ、数多の選択肢から自分の未来を描き出しますか?

『高校生・大学生に届け!Entrepreneurs Meetup! 2022』は
起業家たちによる経験シェアやパネルディスカッションを通して
「自己」や「社会貢献」「意思決定軸」等のテーマを深く掘り下げ、”今の時代に必要な深い学び”を全国の高校生・大学生が得られる、オンライン型の起業家講演イベントです。

起業という選択をした彼らが「自ら問い、考え実行する力」をどう身につけ、体現してきたか。大人になった今なお、先人や経験から学び成長し続ける個人の在り方について、3名の起業家から語ってもらいます。

皆様のご参加お待ちしております!


開催概要

日時2022年11月21日(月)18:00~19:00
参加費無料
定員80名
参加方法Zoom(オンライン)

ゲスト


1969年生まれ 北海道出身。大学卒業後、大手学習塾に勤務。1996年に株式会社ゼンシンを創業。代表取締役社長に就任。現在に至る。サッカースクールおよびチーム運営事業のほか、障がい福祉事業の展開を始める。「共に生きる人々の幸せと喜びを追求する」をミッションに掲げ、サッカースクール事業と障がい福祉事業を通じて、そんな社会の実現を目指している。現在、株式上場を計画中。

ファシリテーター

齊藤 良太 / 株式会社VISIT東北 代表取締役


宮城県仙台市出身。San Francisco State Universityを卒業後に、富士通株式会社に3年間、日本マイクロソフト株式会社に7年間従事し、その間数多くの実績が認められる。2016年に起業、株式会社VISIT東北 代表取締役就任。2017年、一般社団法人宮城インバウンドDMOを設立、代表理事就任。以降東北の地方創生を目的に、インバウンドプロモーション、教育国際交流、地域商社立ち上げ支援などを行う。My Purpose: 志を持つ人と人でハッピーな未来を創る





佐々木 敦斗 / 株式会社オーナー 代表取締役社長

1990年盛岡市出身。大学卒業後、新聞記者として広島・姫路で勤務。2015年に東北にUターンし、リクルートの教育サービス「スタディサプリ」の仙台拠点立ち上げに参画。約6年間東北地方の高校の学習支援などを行い、講演講師としてのべ約5万人に対してキャリア講演を実施した。 

高校現場を訪問する中で生徒自らがテーマを設定し自身のキャリアを考える「探究学習」の可能性に着目し2021年に株式会社オーナーを創業。探究学習のEdtech教材「GATEWAY」の編集長を務める。



主催

株式会社オーナー

共催
MIYAGI INNOVATION BASE